【2019銀山湖Festival】写真UP!来年も行くしかないFesの様子をお届け!【最高でした】

銀山今年も最高でした。

今年もスタッフとして参加しました、

GINZANFESTIVAL2019。

今年は1日目は雨で、

アーティスト対応系でバタバタしながら

雨に打たれて、

自然の力を感じながら、やってました。

写真をいただきましたので、

様子を味わいたい方、どうぞご覧くださいませ!



















やばかったポイント1:音響がガチ

今回、主催者の意向で、

新木場Ageha(StudioCoastかな?)の音響が

入っていたとのことです。

大きさがコンパクトだけど

しっかり音がなって、

しかも耳が痛くない(ここ超重要)。

っていう本当にこれがプロ…!

って改めて実感する音の鳴りでした。

DJということで、

大きく音を鳴らすことを意識するのですが、

音源の種類だったり、

当日の会場の大きさとかで

環境は変わるわけで、

聞く人の耳が痛くない音をだすように

調整されている様子をみて、

本当に尊敬しましたよ。

周波数帯で微調整する機械、すごくほしいw



やばかったポイント2:格納庫ステージでのDJ

1日目の夜には、

普段は銀山湖の遊覧船や

釣り船が格納されている格納庫を

なんとステージにして、

DJライブが行われました。

音が立てに抜けていく空間で

音響がしっかり入って、

DJをやる、

っていうのはめちゃめちゃ

楽しそうでしたね。

自然の中なんですけど、

格納庫でDJするので、

格納庫の中は無機質な感じ。

ジャンルでいうとテクノもいいし、

自然の中でアフロ的なリズムの楽曲もいいし。

FUJIROCK主催者のBryanBurtonLewisさんや

元Floorの編集長のNaokiSerizawaさんらもDJされてました。

DJ Go Narabuさん,

DJ 5384さん,

DJ Dragonさん,

DJ KAIさんもフロアを盛り上げてました。

うらやましぃ〜〜!



やばかったポイント3:史上初?!銀山湖の湖上ステージ

イワナやニジマスが釣れる、

釣り人からは評判が高いとされる

銀山湖でライブをやる、

っていう史上初なんではないかという試み。

そしてライブ中に天然記念物とされる

イヌワシが湖上を飛んでいる、

っていうなんかもういろいろと偶然が重なって、

すごい感じでした。

三味線奏者の久保田さん、

太鼓演者の方のライブも空間に響くいい音が出ていて、

神秘的でした…元ちとせさんも素敵でした。

本当に何より湖の神様的な存在に

本当感謝したい気持ちでした。



来年も更にバージョンアップして開催予定!

今年は新しく

二日間&豪華アーティスト&湖上ステージ

と様々な取り組みが行われた

銀山フェスティバル。

地元の方も多く参加いただいて、

とても賑わった様子でした。

来年もこの銀山という場所でフェスが行われる予定でして、

現在鋭意企画中とのこと。

写真をみて、興味を感じた方は

来年たのしみにしてもらえたら嬉しい。

とのことでした。

帰ってきてから食べた魚沼産のお米が

めちゃめちゃ美味しかったです。

ほかも産地直送だとおもうんですけど、

現地で買ったお米はやっぱりすごく美味しかったです。

(感想が雑ですみません)









全Genre対応型DJ
DJ SUZUKICK

学生時代から10年以上DJをやって、今は六本木を中心に活動しているSUZUKICK。音楽、イベント、趣味など様々な情報を配信してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

10年以上DJをしながら、セルフブランディング、デザイン、スライドなどのノウハウなど、フリーランス向けの様々な情報をシェアして生活しています。