【結構使われてますw】”Swag”ってなに?という方へ【今からでも遅くない】【豆知識】

たまにリクエストを受けるなかで、

「Swagな曲をかけて!」とある日言われました。

当時、”Swagってジャンルですか?”ってなりましたよ(恥ずかしい)。

今日は「Swag」という言葉について紹介します。

<Swag>とは

「イケている」「カッコいい」を表す言葉として認識されています。

読み方は「スワッグ」とそのまま言うそうです。

Hiphopシーンを中心に利用されているスラングとのことです。

(スズキは、リクエストを受けた際にすぐに相手に聞きましたよ…
すぐに教えてくれましたよ…)

<Swag>の使われ方について

2010年代から流行りだしたとのことで、(結構前だったんですね…!!)

この歌でも使われているようですね。

会話などでは、

He got a swag! (彼、イケてるね!)

などと使われているようです。

付随する言葉として、

”swag out”(派手な格好をする、目立つ)として動詞で使ったり、

”swagged-out”(活かした、ど派手な)として、

形容詞でつかう事例があります。

View this post on Instagram

I don’t wear clothes I wear outfits – Judah Smith

A post shared by Justin Bieber (@justinbieber) on

それますが、この表現もかっこいいですね…!

インスタグラムでも、#swag や #swaggerというハッシュタグで何十万件とPostされております。

<まとめ>

  • SWAGとは”イケてる”・”かっこいい”というスラングである
  • おもにHIPHOPのシーンで使われている
  • Justin Bieberなど著名人が利用している
  • インスタグラムのハッシュタグなどでも活用されている。
SUZUKICK
わからないことは素直に聞くって大事ですよね。相手を褒めるときなどに使ってみてください!!

全Genre対応型DJ
DJ SUZUKICK

学生時代から10年以上DJをやって、今は六本木を中心に活動しているSUZUKICK。音楽、イベント、趣味など様々な情報を配信してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

10年以上DJをしながら、セルフブランディング、デザイン、スライドなどのノウハウなど、フリーランス向けの様々な情報をシェアして生活しています。