”彼はゴールだけを用意していたのだ”「BEAT THIS/ PlayJob」【本紹介】

広告会社でバイトをしていた若い男が、ある日マネージャーに告げた。

「辞めさせてください」

「なぜ?」

「今からドラマーになろうと思います。」

マネージャーは、彼がドラムを叩けるという話を聞いたことがなかった。

「今は叩けません。でもいずれ叩ける用になるでしょう」

 

その数年後、男はステージの上でドラムを叩いてた。

バンドの名はクリームといい、メンバーにはエリック・クラプトンとジャック・ブルースがいた。

天才ドラマーのジンジャー・ベイカーは、できるかどうかを知るよりも先に、

なりたいものになっていた。

彼はゴールだけを用意していたのだ。

PLAY JOB PaulArden 「BEAT THIS.限界をぶっ壊せ」より

 

学生のときに読んだ本で、
発想の転換を促すには本当に励まされた本でした。

こういう考え方をする大人がいるのか…と
衝撃を受けたし、こういう考え方をしたい、強く自分でも思いました。
サンクチュアリ出版にはすごくお世話になっております…!

いまでも少しはこういう大人になれるように精進を続けたいと切に思います。

 

 







全Genre対応型DJ
DJ SUZUKICK

学生時代から10年以上DJをやって、今は六本木を中心に活動しているSUZUKICK。音楽、イベント、趣味など様々な情報を配信してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

10年以上DJをしながら、セルフブランディング、デザイン、スライドなどのノウハウなど、フリーランス向けの様々な情報をシェアして生活しています。